りさぽんさんのまとめ

アニメや、最近の出来事をツイッターを中心にまとめてます

海外

タイのミスドです。だからスシドなのかなあ



Twitterで画像を見る








カオス過ぎる日本を2分間の動画で紹介する「The World in 2 Minutes』



世界中の国を2分間の動画で紹介するYouTubeの動画シリーズ「The World in 2 Minutes」。この動画の日本版が公開され、その内容がいろいろとすごいことになっています。

動画は細かいカット編集で日本のカルチャーを次々と紹介しています。相撲や舞妓、時代劇といったあたりはいかにも海外から見た日本のイメージといった感じ。特撮やアニメ、カラオケ、通勤ラッシュも日本発の有名な文化ということでうなずけます。

この動画シリーズはほかにもロシア、アメリカ、インドなどさまざまな国のバージョンが公開中。ジョークと風刺の効いた内容で人気を集めています。













ギリシャ国内のリーグ戦で選手が「ナチス式敬礼」 代表から永久追放へ

 

選手が「ナチス式敬礼」 代表から永久追放へ

2013.3.19 08:02 海外サッカー
ヨルゴス・カティディス選手(AP)

ヨルゴス・カティディス選手(AP)

 ギリシャ・サッカー連盟は17日、国内のリーグ戦でナチス式の敬礼をした1部リーグ、AEKアテネのMFヨルゴス・カティディス選手(20)に対し、ギリシャ代表チームからの永久追放処分を科すと発表した。AFP通信が伝えた。(SANKEI EXPRESS


20歳「意味を知らずポーズ…」


 カティディス選手は16日、首都アテネで行われた試合でゴールを決めた後、ナチス式敬礼のポーズで喜びを表した。U-19ギリシャ代表の主将を務めたカティディス選手は「(ポーズの)意味を知っていたら、あんなことはしなかった」と語っている。









2013年3月14日北朝鮮、日本海側に短距離ミサイル2発発射



2013年3月14日、北朝鮮は砲撃軍事訓練を実施した―中国紙


20130315205338_1_1

20130315205338_1_2

20130315205338_1_3

20130315205338_1_4

20130315205338_1_5

20130315205338_1_6

20130315205338_1_7


ソース中国紙 中国新浪公司(中国語) 2013/3/14
http://slide.mil.news.sina.com.cn/slide_8_247_21728.html#p=1

<中国の反応>
Fanzeyuan_lz1(江蘇省、徐州市在住)
少数の大砲はかなりよさそうだ

lhanglhang (香港在住)
戦争したら韓国ソウルは直接打撃だね、韓国の主要都市部の90%が10分で壊滅だ
ソウルは火の海になるだろ、ソウルは38度線からわずか40キロの位置にあるんだ

hiKenneth (広東省在住)
軍国主義だな

Tianshengwocai (江蘇省、揚州市在住)
これは防空できないだろ

V5プーアル茶 (四川省、成都在住)
米軍は戦争に踏み切ることはできないね

短距離ミサイルなので通常の演習の範囲内だし、国連決議にも違反してないのー。 RT @nhk_news: 北朝鮮が短距離ミサイル発射 発射試験か nhk.jp/N46V5YNx #nhk_news


時事◆短距離ミサイル2発を発射=日本海側の公海上に-北朝鮮 goo.gl/Rnekm 「聯合ニュースは15日、軍消息筋の話として、北朝鮮軍が同日午後、日本海側の公海上に地対地ミサイル「KN02」と推定される短距離ミサイル2発の発射実験を行ったと伝えた」


ツイッターの話題は…

北朝鮮が日本海にミサイルをまた撃ったのに、ツイッターの話題はフォイフォイ、フォイフォイ。フォイフォイ、フォイフォイ。



おいおまえらハリーポッターみてる間に北朝鮮ミサイル飛ばしてきてんぞ pic.twitter.com/hbBB0CtBPG




【グロ注意】 「さんかれあ」の外国版が怖すぎる




さんかれあ(1) (少年マガジンコミックス)

新品価格
¥440から
(2013/2/23 21:23時点)



今日は「さんかれあ」の外国版についてのお話です。

おかげさまで「さんかれあ」は世界各国で

翻訳されて出版されているのですが、

実は国によってタイトルや表紙デザインが

諸事情により変わったりしています。

顕著なのがアメリカ版です。

アメリカ版はまだ①巻しか発売していませんが、

その①巻は日本版の表紙デザインと全く違います。

そもそも表紙のイラストが違います。

アメリカ版の表紙ではモノクロの本編中からイラストを切り取り、

それに現地のデザイナーさんが着色しているんです(勿論はっとり先生許諾のもと)。

それがこの写真です。

Photo

う~ん日本版とは違い、怖い!

そして、これはこれでイカす!

はっとり先生もデザインを見た時、

なんか色塗りがアメコミ風でいいですね~と

喜んでおりました。

引用元:http://betsumaga.weblogs.jp/blog/2013/02/post-a7b7.html



日本のキャラと海外のその元ネタキャラ比較w

nitribeihikaku








記事検索
最新トラックバック
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



ダフロン

カテゴリー
  • ライブドアブログ